新パラダイムのツインレイとは:ツインレイのエネルギーを先取りし、出会う前に統合する

ツインレイ

読者の皆様から、私とレネのツインレイ体験や、トートパッケージを使ってツインレイと統合する方法についてたくさんのお問い合わせをいただきましたので、これからしばらく、「ツインレイ」と「ハッピーな恋愛」について書いていきたいと思います。

 

現在ツインレイ真っ最中の方も、既にパートナーとハッピーな方も、今お辛い状況にいらっしゃる方も、ご興味がないという方も、少しでもインスピレーションになれば幸いです♡

 

どうして「新パラダイムのツインレイ」をおすすめするの?

私は現在、「ツインレイは魂の片割れ」というイメージを転換して、これからの、「新しいパラダイムのツインレイ(仮:neoツインレイ)」をお勧めしています!

 

これまでの一般的な定義では、ツインレイは「魂の片割れ」で、もともとは一つの魂とされています。

 

ただ、私とレネの統合の体験と、トートパッケージを受け取ってからのプロセスを経験してみて、「魂の片割れ」という定義に対して次第に違和感を覚えるようになりました。そこから、これからのツインレイについて、新しいパラダイムの在り方を考えるようになりました。

 

あなたはもう「ツインレイ」に出会っていますか?

ところで、あなたは、もうすでに「ツインレイ」に出会っていますか?ツインレイに出会った時は、以下のような感覚がやってきます。

  • 出会ってすぐに、 なんともいえない懐かしい気持ちになる
  • 偶然に何度も会う
  • 恋ではなく、愛を感じる
  • 今までの恋愛関係にはなかった 強い絆を感じる
  • 離れがたい

といったような感覚になると言われています。

 

そして、 二つに別れた魂が、再び一つの魂に統合するプロセスが始まると言われています。

 

ツインレイとの統合のプロセスは、大変なチャレンジ?

ツインレイと出会って統合するためには、それぞれの課題やブロックをクリアにする必要があります。自分だけがクリアになっても、相手の課題が残っている間は、なかなか一緒になれません。

 

カップルによって、経験することは異なりますが、とてつもない愛を感じるのと同時に、なかなか会えない、コミュニケーションが取れない、一緒になれない、伝わってくる愛と、実際の相手の言動が違うなど様々なチャレンジ、葛藤、辛さを経験すると言われています。

 

そして、なかなか周りの人に理解してもらえないという苦しみを抱えます。

 

ツインレイは大元の魂が同じなので、相手は自分でもあります。自分の愛は、相手の愛は自分の愛、自分の苦しみは相手の苦しみ、相手の苦しみは自分の苦しみです。

 

ツインレイとの関係性を通して、自分に深く向き合って、奥深くからブロックを手放していく過程は、孤独や、絶望を感じてしまう時もあります。でも、自分の片割れと再び一つになるためにとてつもない深い愛を感じて統合の道のりを進もうとします。

最初は当たり前のように受け入れた「魂の片割れ」という概念に、次第に違和感を感じる

私も、実はレネと出会った当初当時は、初めて経験する感情や感覚だったので、とても戸惑いました。インターネットの情報や、ツインレイの本をたくさん読んで「魂の片割れ」という概念を当たり前のように受け入れていました。

 

そこから、私が「魂の片割れ」というイメージを思いきり転換して、新しいツインレイ(neoツインレイ)を提唱していきたいと思うに至った16歳から、レネとの統合までのストーリーは、次回の記事でお伝えしたいと思います。

 

「neoツインレイ」では、魂の片割れという定義は必要ありません

 

ツインレイは魂の片割れではない、と言っているわけではありません。ツインレイほど深い関係になると、深く向かい合おうとすればするほど、今回の人生の全て、生まれた時の環境、親との関係に始まり、セクシュアリティーなど、とても深くて複雑な領域をくぐり抜けることになります。

 

それは、人間の脳機能とホルモンバランス、感情の仕組みとともに、量子力学など、科学的なことがベースになっています。そこに、過去世までもが関わります。

 

そして、それが自分の分だけでなく、ツインの相手の分も存在します。

これまでのツインレイの定義と、これからの定義

これまでのツインレイの定義では、

  • 自分の魂の片割れと出会う
  • お互いの学びが進むまで一緒になれない
  • 関係性がとても大変
  • 自分の学びと統合を進める
  • ツインと一緒になる
  • その後も、学びを続けながら、世界の幸せにも貢献する

というような流れであるとされています。

 

「neoツインレイ」では、こう認識しなおします。

  • 相手が誰かというのは関係がない
  • 魂の片割れという概念は不要
  • 自分はハイヤーセルフと統合されて、満たされる
  • 相手に補ってもらう、足りていないピースがある、という認識は不要
  • ハッピーで満たされた状態に共振する相手を引き寄せる
  • 相手と、意識+エネルギー融合の領域に入る
  • 自分軸で恋愛を楽しむ、好きなだけ愛を深める

大事なポイントは、自分とパートナーが「魂の片割れ」という定義で出会うと、お互いが「半分足りていない」という前提で関係性が進んでしまう可能性が大になります。そうすると、潜在的に相手に埋めてもらう必要があるという状態を生み出すことになるので、それを引き寄せ続けてしまい安くなり、空回りしたり、すれ違ったり、理解が難しかったり、離れたり、引っ込んだりしてしまいます。

 

誰かに自分の幸せを穴埋めしてもらえれば幸せになれる、または愛の存在になれるというのは、少し違います。

ツインレイのエネルギーを先取りし、出会う前に統合する

まずは、自分で自分自身を統合またはそれに近い状態に変容させます。自分の統合度合いを高めることで、その状態に見合った、または、共振する相手を引き寄せるようになります。

 

相手が片割れであるかどうかよりも、「自分がツインレイの関係性をやる=意識+エネルギー融合の領域に入る」と決めることが大切です。

 

これまでの、オートマ自我の「ツインレイに出会えれば幸せになれる」という思い込みを書き換えましょう。

 

人間の脳は、ほぼすべて習性で動いています。自分のオートマ自我の自動的な習性、考え方の癖、感じ方の癖、受け取り方の癖、接し方の癖、話し方の癖など、自分がどこまでオートマなのかを観察し、オートマ性を新しくインプットし直す、覚え直すことを始めましょう。

 

自分には足りない何か、何が足りてないかを吟味し、それを相手に求めるのをやめ、自分で自分に与える、または作り出す、覚えていく。無い物ねだりなツインレイ意識から、すでに統合されている、またはそれに近い状態になれるように先取りして、その波動と周波数で生き始めましょう。

 

ツインレイのエネルギーを先取りし、出会う前に統合すると、「とても大きな一体感と安心」を感じながら毎日を生きたり、幸せな恋愛を楽しむことができます。

 

一歩進んだツインレイとの出会い&幸せな恋愛のサポート

ツインレイに出会いたい!という気持ちを強くお持ちの方は、自己イメージを「片割れにまだ会っていない不完全な自分」と感じてしまいがちです。

 

片割れ探しを続けたり、受け身でツインレイの登場を待つのではなく、先に高次のツインレイ・エネルギーを取り入れて融合することで「補完されて統合された自分」になれば、すでに統合した状態のパートナーと共鳴しあうことが可能です。

 

KaoruTRのチャネリング講座では、「エネルギーパッケージ・ツール」を使って、統合されたあなたに生まれ変わるステップと、それに見合った魂のパートナーを引き寄せること、そして現在のお相手との関係性をよりよくしていくことができる方法をお伝えしています。お相手がいる方はパートナーとの関係性をより良くしていくことができるようになります。

 

New Channeling Course

Share:

YouTube

Media

KaoruTRのメディア掲載情報をチェック!
メディア掲載

人気のメニュー

人気の記事

LINE公式アカウントを始めました!

Follow Us

友達追加して最新情報をチェック!

友だち追加
お買い物カゴ
Scroll to Top