ツインレイの私たちについて(薫とレネのプロフィール)

薫とレネ

Who is KaoruTR

Kaoru + René + Teto

ハウザー薫
Kaoru Hauser-Suzuki

ハウザー 薫

レネ
René Hauser

ハウザー レネ

KaoruTR
Teto

テト

Kaoru Hauser Suzuki

(ハウザー・スズキ・カオル)
1974年5月19日生まれ

ヒーラー / チャネリング教師 / スイスビジネスコンサルタント / 絵描き

幼少時代から留学まで

東京都中央区に、とても温和で自由・男のロマンを追い求める建築家の父と、ルネッサンスアートとイタリアが大好きで天真爛漫な母との間に一人っ子として生まれる。

 

家庭環境はとても変わっていて、いつも様々な大人達が出入りしていた。両親は小学校の頃に離婚。

 

幼い頃から家族やまわりの大人に違和感があり興味も持てなかった。心を許せるのはペットの大型犬・猫・ハムスター・鳥たちだけだった。彼らと一緒に育ち、子供時代の経験や思い出はいつも動物たちと共にある。

 

保育園、小学校、塾でもよく問題を起こしていた。周りからは自分勝手にふるまう問題児に見えたことだろう。しかし実際は、自分で自分をコントロールできない状態で、心の中は常に怒りと混乱と罪悪感でいっぱいだった。

 

授業は簡単すぎてつまらないし、授業中に発言すれば周囲の子が劣等感を抱くから黙っているように言われる…小学校ではそんな環境だったが、帰国子女が多く個性的な教育で有名な私立の中学校に入学し、初めて心地よく自分らしく生きられる体験をした。

 

しかし相変わらず日本社会には違和感があり馴染めずにいたところ、母の勧めで16歳の時にアメリカのアートスクールに留学する。

 

 

留学とUFO・異星人体験

そこでは各国の学生がクリエイティブで才能豊かで自己表現に果敢にチャレンジしていた。全てを受け入れてくれる大人達、先生達と接しているうちに、自分を縛っていた何かを手放しているのが感じられ、日本で長年抱えていた違和感や罪悪感が消えてのびのびとしている自分に気がついた。

 

日本を離れて9ヶ月ほど経った春休み、バーモント州の森の中にあるルームメイトの家に滞在していたある夜に宇宙存在の訪問を受け、UFOに乗る経験をする。

 

ルームメイトとお母さんにそのことを話した時の対応は本当に素晴らしく、疑いもせずに「すごい経験をしたね!」と、大切な人たちに私の経験を伝えてくれた。

 

警察にも電話をしたのだが、驚いたことに警察もちゃんと話を聞いてくれた。日本ではありえないことではないだろうか。その対応に感激したことを今でもはっきりと覚えている。

 

その後一度帰国するも、高校卒業後はロンドンの大学&アートスクールに留学し、心理学とアートを学ぶ。

 

あらゆる人種、国籍、性別、生い立ち、経済レベル、年齢の友人達とユニークで本当に充実した5年半を過ごす。

 

 

起業と借金と病気

卒業後も日本に帰る予定はなかったが、愛犬が恋しすぎて帰国。外資系IT企業に就職したが、閉鎖的で個性を抑圧する日本社会への違和感は以前よりいっそう強まっていった。

その後、愛犬と猫を立て続けに亡くしたショックも大きく、会社勤めが精神的にどんどん辛くなっていった。

また、日本の犬たちを取り巻く環境やペット業界のあり方に強い疑問を感じ始め、少しでも動物たちを救いたいとの思いから、2002年にペット用品の輸入販売、企画・コンサルティング・マーケティングを行う有限会社Luogoを設立する。

新しい犬・ミロも迎え、24時間犬といられて自由に時間を使える人生をスタートさせた。

しかし順風満帆の状態は長く続かず、まもなく借金や仕事上の人間関係でトラブルが多発。初期の癌や鬱病を発症してしまう。

その後も資金繰りで苦労し、ついにマンションの退去を迫られる。

大人への怒りと不信だらけで自分らしくいられなかった子供時代から、成人後も自分の性別もよく分からない、集団のルールが守れない…そんな人生がいよいよ八方塞がりになったと感じた時に、驚くべき出来事が起きる。

「どうしても犬と暮らせる家が欲しい」と強く念じた直後、突然親戚から連絡が入り、庭付き新築の一軒家と大金を譲り受けた。

父の死と、異星人との再会

そして、その家で犬達とのびのび自由に暮らし始めたある日、ふたたび宇宙の声が聞こえ始めた。

だがその時はどう対処して良いのかわからず、何が起きているのかを知るためにスピリチュアルやエネルギーワークを学び始める。

そのうちに、知人の紹介でチャネリングやエネルギーワークを使って悩み相談を引き受けることが増え、本業を続けながら2007年に個人セッションを開始する。

しかし同年、人生を変えるようなショッキングなできごとが起きる。

大の仲良しだった最愛の父が急逝してしまったのである。

父はどうやら自分の最期を予感していたようなのに、なぜ自分に何も告げず死んでしまったのか…どうしても父の魂に聞いてみたくて、チャネリングを始めあらゆることを夢中で学んだ。それはあくまでも自分が癒やされるためだったが、いつのまにか周囲から強く望まれ、サロンを開設する運びとなった。

それからは本格的にヒーリングの仕事にチャレンジし始め、各種エネルギーワーク、脳科学、認知科学、意識の仕組みなどを学ぶ。

そして2013年、再び16歳の時に出会った宇宙存在たちの訪問を受け、あるプロジェクトに関する情報を受け取った。

彼らから、統合されたバージョンのレネも紹介され、次のステージへと人生が動き始める。

(※「統合」とは、日常生活で私たちの多くが抱えている潜在意識と顕在意識やエゴと高次元の自分などの分離がなく、満たされていて何ごともジャッジしない、「愛だけ」の状態をいう)

高次元のエネルギーを受け取れるよう肉体の調整も始まり、肉体的な老廃物とエネルギーの詰まりの解消、骨格の調整、古傷の癒し、視覚や聴覚の鋭敏化、子宮の状態の改善など、時には激しい痛みも伴うさまざまな変化が訪れた。

そして少しずつ、これまでの人生の苦しみや困難、違和感や罪悪感の原因が分かり始めて一気に溶けてゆき、手放す作業が始まった。

自分に本気で向かい合う作業は最初はとても嫌で辛かったが、今では周囲の人々や宇宙存在たちに支えられて人生がどんどん展開していくことを実感している。

Renéとの出会い

薫とレネ

現在の夫であるRené(レネ)とは、偶然レネが日本を訪れたタイミングで、普通ではありえないような確率で出会ったことから、スイスと日本の遠距離恋愛が始まる。

 

実は、肉体で出会う前から2人はアストラル体でリアルな交流をしたり、アストラルセックスも体験している。

 

(※「アストラル体」とは、人の身体を包むように存在する層と考えられており、人の感情からなっている高次元の意識帯。いわゆる幽体離脱のような状態ともいえる)

 

統合されたバージョンのレネはシルバーの存在として度々現れて、情報とサポートをくれていた。

 

(※「シルバーの存在」とは、エネルギー体として時間や空間を超えて現われることができる状態。レネの場合は日常やレッスン中など、呼べばいつでもテレパシーで反応してくれた)

 

レネとは、もともと1つの魂だった「ツインレイ」の関係だと分かった。

 

過去の情報やビジョンを共有し、お互い今までに経験したことのない深い愛にただただ驚く一方、ツインレイという深い関係性は究極に自分たちに向き合うプロセスをもたらし、理解を超えた幸せと同時に大きな試練や苦しみを味わうことになる。

 

レネがこれまで押し殺して来たトラウマ、思考や感情、さらにレネの家族や親友達のそれまでもが大量に流れ込み、これまで経験したことも処理することもできない感覚に戸惑う。

 

この相手の記憶や感情が転送され自分がそれにもっていかれてしまう仕組みが理解できるようになるまでは本当に苦労した。

 

しかし、16歳の時に遭遇した存在たちや、統合されたバージョンのレネ、先輩方の教えを受けつつ、人間の肉体と心の仕組みを深く知っていくことになる。

 

ツインレイの2人にはほとんどの場合「課題をクリアするまでは(物理的に)一緒になれない」という法則があり、私たちも例外ではなかった。

 

強制的にトラウマと向かい合ったり、トート神から情報が大量に詰まったエネルギーパッケージが降りてきたり(詳しくは、新次元のチャネリング講座をご覧下さい)と、その仕組みを理解できるまでは、どんなにお互いが望んでも一緒に暮らせなかった。

 

安定とコンフォートゾーンを死守して生きてきたレネが、真逆の私と生きるために勇気を振り絞ってそこから出ると決意したものの、結婚後もコロナの影響でビザがおりずに3年が経過。2021年の5月にやっと日本へ引っ越しできた。

 

なお、KaoruTRでは、ツインレイとは世間一般で言われるような「片割れ同士」「足りない部分を埋める相手」ではないことを経験上知っており、先に高次のツインレイ・エネルギーを取り入れ、すでに統合された自分になっていることで、融合のプロセスが格段にスムーズになると考えている。

 

現在は、チャネリング講座やエネルギーワークを通し「未来の自分のエネルギー」を先取りしてサクセスゴールを達成することと、高次のツインレイ・エネルギーを先に取り入れて融合することで、不完全ではなくすでに統合された自分に生まれ変わり、それに見合った魂のパートナーを引き寄せる&幸せな恋愛をすることをサポートしている。

経歴

○吉祥女子中・高等学校
○Walnut Hill School, USA :ファインアート、セラミックス
○University of London :美術史
○University of Surrey : 心理学部(理学士)
○Wimbledom School of Art : グラフィックス
○SAS Institute Japan :マーケティング
○SUN Microsystems :マーケティング
○有限会社ルオーゴ設立(2002年) : 企画・コンサルティング・マーケティング・デザイン・ショップ経営
○個人セッションをスタート(2006年)
○KaoruTR をスタート(旧Valore)(2008年)
スイス留学&ビジネスコンサルティング (2021)

René Hauser

(ハウザー・レネ)
1969年8月3日生まれ

薫の夫(スイス人)/ 薫のマネージャー / ツインレイ男性サポーター / スイスビジネスコンサルタント

スイスで生まれ育ち、とても複雑な幼少期を過ごす。スイスの金融機関に長年勤務し、経済の安定とコンフォートゾーン、自分が我慢してでも平穏に場をおさめて保つことが最も大切という価値観で生きて来た。安定・安心の中で人生を楽しみながらも、ずっと人生を変えてみたいと思っていた。

 

幼い頃から自分の気持ちを表現することがとても苦手で、人と深く向き合うことをしてこなかった。深いコミュニケーションや、本音で人と付き合うことも極力避けて生きてきた。それだから結婚なんて絶対にしないつもりだった。

 

しかし、Kaoruとの奇跡のような出会いにより、全く逆の生き方や価値観に触れて、これまでのコンフォートゾーンが崩れ去った。

 

それまでは目に見えるもの、証拠があるものしか信じずに生きて来たため、薫の価値観や仕事に最初は不信を覚え、理解しようにも体験がなく、本を読んでも難しくて戸惑っていた。

 

しかし、薫の人生で関わる人たちや生徒さんが薫をとても信用していること、スピリチュアルが好きではないと思っていた自分の母や友人までもが薫の能力を信用していく様子を目の当たりにして、自身のスピリチュアルに対するバリアもいつしか消えていった。

 

そして、薫と人生を生きると決め、大きな恐怖の壁を乗り越えてサラリーマン人生を終え、52年間慣れ親しんだスイスを離れ日本に引っ越してきた。

 

薫とのコミュニケーションを通して、初めて相手や自分自身に深く向き合うこと、深いコミュニケーション、愛を受け取ること、表現すること、隠して来た傷を受け入れること、プライドを捨てることを始めた。ものすごく幸せなのと同時に、それは本当に大変なプロセスだった…。

 

犬と暮らしたのも初めての経験で、薫が犬に注ぐ愛の深さにも最初は戸惑った。当初はこれまでと異なる価値観に抵抗したり、自分の古いパターンに逃げたくなったりしたことも多々あったが、いつも薫と全力でそれに向き合い、全ては愛なのだということが分かってきた。

 

現在は、KaoruTRのマネージメントと、スイスビジネスのコンサルティング業務を行いながら、薫との人生を楽しんでいる。

 

今後は、ツインレイの男性のサポートを開始予定。

Teto / Miro / Bio

Teto

テト

ミロ

Miro

ミロ

ビオ

Bio

ビオ

ビーグルのミロ、バセットハウンドのビオとテトの3匹は、これまでセッションや授業にいつも一緒に参加して、皆さんの様々なドラマに立ち会い、時にはベビーシッター、時にはヒーリングをして私やクライアントさんたちをサポートしてくれました。

 

末っ子だったテトは、レネが日本に引っ越してくるのを待って、10日後に天国に旅立ちました。3匹は私の人生の全てでした。

 

これまで可愛がってくださったクライアントの皆様、本当にありがとうございました。

Share:

YouTube

Media

KaoruTRのメディア掲載情報をチェック!
メディア掲載

人気のメニュー

人気の記事

LINE公式アカウントを始めました!

Follow Us

友達追加して最新情報をチェック!

友だち追加
お買い物カゴ
Scroll to Top